宿便が溜まると怖い

宿便で起こる病気とは

トップ / 宿便で起こる病気とは

サプリの使用に関する情報

宿便があるとどうなるか 

宿便は大腸の壁についてしまってなかなか取れない便のことを言います。便秘の人に多いイメージがありますが、毎日出ている人でも腸の壁についていることがあります。腸の中が空っぽになることは通常はないので、常に便が体内にありますが、宿便が多くあると身体の様々な機能に支障がでることがあります。体内に便が長い間あると毒素を出し、その毒素が体中をめぐってしまうことがあります。そのため吹き出物ができ、肌の状態が悪くなったり、お腹にガスがたまり苦しく感じたりします。